kasokablog

仮想通貨と株と旅行のお得な情報をまとめたブログです。

MENU

ANA VISAカードを比較する

f:id:mindamin9:20211006235231p:plain

ANA VISAカードを紹介します。

ANA VISAカードの特徴

一般カード

年会費 2,200円

継続マイル 1,000マイル

搭乗ボーナスマイル 10%

200円=1ポイント=1マイル(2倍コースの場合、年間移行手数料6,600円)

ワイドカード

年会費 7,975円

継続マイル 2,000マイル

搭乗ボーナスマイル 25%

200円=1ポイント=1マイル(2倍コースの場合、年間移行手数料6,600円)

ワイドゴールドカード

年会費 15,400円

継続マイル 2,000マイル

搭乗ボーナスマイル 25%

200円=1ポイント=2マイル

航空便遅延保険が付帯します。国内旅行の利用付帯のみになります。

https://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/annai1_1_150511.pdf

プラチナプレミアムカー

年会費 88,000円

継続マイル 10,000マイル

搭乗ボーナスマイル 50%

200円=1ポイント=3マイル

プライオリティパスに申し込めます。

ANA国内線空港ラウンジを利用できます。

空港カードラウンジは、同伴者1名まで無料で利用できます。

航空便遅延保険が付帯します。国内旅行は利用付帯、海外旅行は自動付帯になります。

カード付帯保険サービス|ANA VISAプラチナ プレミアムカード

 

ANA VISAプラチナ プレミアムカード

 

羽田から那覇の往復区間マイルは1,968マイルなので、搭乗ボーナスマイルは1往復につき984マイル付与されます。合計で2,952マイル獲得することになるので、継続マイルも考慮すると、26往復程度すると年会費分ペイできます。(クレジットカード利用分のポイントは考慮していないので、より少ない費用で実質的にペイできます。ステータス会員なら、フライトボーナスマイルが付与され、ステータス会員でなくてもANA SKYコインを利用するともっと低額でペイできます。)

ダイナミックパッケージツアーを予約するならポイントサイト経由で3,000円相当のポイントがもらえます。