kasokablog

仮想通貨と株と旅行のお得な情報をまとめたブログです。

MENU

株で利益と損失を通算する

はじめて株取引を始められる方は、1つの証券会社で多くの方は特定口座(源泉徴収あり)を開設されるのではないでしょうか。複数の証券会社で口座を開設したり、一般口座を開設される方はあまり多くないと思います。

特定口座(源泉徴収あり)の開設がおすすめ

これからはじめて口座を開設される方は、1つの証券会社で特定口座(源泉徴収あり)を開設することをおすすめします。

特定口座(源泉徴収あり)のメリット

1つの証券会社で特定口座(源泉徴収あり)を開設している場合、株式の譲渡で利益、配当金を得ると同時に課税されるので、確定申告をしなくても税金が引かれます。株式の譲渡で損失が出ると課税はされません。特定口座(源泉徴収あり)のメリットは、確定申告をしなくても利益と配当金、損失を自動で通算されることにあります。

確定申告で損益通算は必要か?

「損失が出たら確定申告をして損益通算しましょう」とありますが、損益通算するために確定申告が必要な場合は、複数に証券会社に口座を持っている場合です。また、一般口座や源泉徴収なしの口座を開設している場合も損益通算に限らず、確定申告が必要です。

損益通算と繰越控除

今まで話してきた内容は、その年の損失、利益、配当金を通算する「損益通算」と言われているものです。損失を3年間分を繰り越して、利益と相殺できる制度は「繰越控除」と言われています。繰越控除を利用する場合は、特定口座(源泉徴収あり)を開設していても、確定申告をしなければこの制度は利用できません。